4月18日のトレード

4月18日のトレード

ほぼねらい通り! (3月14日の食事&晩酌)

ほぼねらい通り! (3月14日の食事&晩酌)

また優待到着です

また優待到着です

月曜日!

月曜日!

ナスダックだけ好調でもね ハァ・・(;-ω-)=3 (NY市場の結果を確認して)

ナスダックだけ好調でもね ハァ・・(;-ω-)=3 (NY市場の結果を確認して)

株式を高く買って安く売ることについて

株式を高く買って安く売ることについて

7/13 日経平均リバウンド開始!

7/13 日経平均リバウンド開始!

日付キーワードお気に入り株式優待IPO海外投資

読書の記録に関連した株情報

  • 花しぐれ

    花しぐれ

    梶よう子著。「御薬園同心 水上草介」シリーズの時代小説。こういうシリーズものは安心して読めるなあ・・・・・・。設定も絶対面白いものを読ませてもらえると鉄板なものだし。いや、しかし、案外とあっ...

  • 信長嫌い

    信長嫌い

    天野純希著。連作短編歴史小説集。最近、読んだ感想を記事にしたくなるような小説を全然読めずにいたのですが、久し振りに面白いものを読めました。\(^o^)/まず、タイトルが秀逸ですよね。内容とは関係ないで...

  • 家康の遠き道

    家康の遠き道

    岩井三四二著。関ケ原の戦いの後の家康を描いた長編歴史小説。面白かったか?と訊かれたら、( ̄へ ̄|||) ウーム正直言って、こんなこともあった、あんなこともあった、と教科書を読んでいるみたいだ...

  • 潮騒はるか

    潮騒はるか

    葉室麟著。時代小説、というか、舞台を幕末の長崎にしたミステリー小説みたいなもの。ぶっちゃけ、既に葉室作品に期待をまったくしていないんですが、本作も、やはりその程度の作品しかこの人はもう描けないよな、と...

  • 踊れぬ天使

    踊れぬ天使

    原宏一著。「佳代のキッチン」シリーズ第3作。いわゆるロードノベル。中身はありきたり、というか、ごく普通。こんな人が実際にいるか?もし本当にいたらうっとうしくないか?と思えるほどおせっかいの主人公が日本...

  • 海道の修羅

    海道の修羅

    吉川永青著。今川義元を描いた歴史小説。これは間違いなく力作だ。こういう義元の描き方があったのかあ・・・・・・と読みながら何度も唸っていました。実に説得力がありました。素晴らしい。(≧∇≦)ъ ...

  • 男と女の台所

    男と女の台所

    大平一枝著。先日、突撃!世界の晩御飯、みたいなものを読みましたけど、本著は日本の都内で色々な家庭の台所を訪問したもの。なるほど、台所にはその家庭を鏡のように反映したものがあるんだなあ・・・・・・と思い...

  • おもちゃ絵芳藤

    おもちゃ絵芳藤

    谷津矢車著。幕末から明治にかけての浮世絵師、歌川芳藤を主人公にした歴史小説。この激動の時代に翻弄された浮世絵師の話は以前にも読んだ記憶があるし、この絵師の師匠の歌川国芳を主人公にした小説も読んだ記憶が...

  • 会津執権の栄誉

    会津執権の栄誉

    佐藤巖太郎著。戦国時代の奥州、芦名氏VS伊達氏の戦いを、金上盛備などの芦名氏側の目線から描いた作品は以前にも読んだことがありますが、まあ、渋い。( ̄ー ̄) ニヤリッ作品もなかなか良かったので...

  • 北海タイムス物語

    北海タイムス物語

    増田俊也著。1990年の札幌、北海タイムスという実際に存在した地方紙を舞台にした青春小説。正直言って、もっと面白いかな?と思ったんだけど、期待外れ。ただ、新聞社でも、あのバブル当時でも、こんな悲惨な状...

  • キッチハイク!突撃! 世界の晩ごはん

    キッチハイク!突撃! 世界の晩ごはん

    山本雅也著。すげえなあ・・・・・・。読みながらひたすらに感嘆してました。あの「突撃!隣の晩ごはん」をグローバルな規模で実行した人がいるとは、マジで、(ノ゜⊿゜)ノ びっくり!ぶっちゃけ、自分...

  • 北条早雲 明鏡止水篇

    北条早雲 明鏡止水篇

    富樫倫太郎著。段々戦国大名として成長してきました。北伊豆を治めて動員兵力が1,500人だったところから、伊豆全土となって、3,000人となり、西相模もおさえて5,000~6,000人といったところか。...

  • 旅ボン 大阪編

    旅ボン 大阪編

    ボンボヤージュ著。安定して面白い。面白いんですけど、さすがに大阪だと、ちょっと身近すぎて、いまいちな感がありました。もう少し、おおっ!?というところがほしかったなあ・・・・・・。にほんブログ村

  • 血縁

    血縁

     長岡弘樹著。連作ミステリー短編小説集。今回の作品集のキーは「介護」や「治療」ですか。しかし、相変わらず、というか、素晴らしい切れ味の作品ばかりで、読み終えるたびに、思わず「ほう」と声になら...

  • 城をひとつ

    城をひとつ

     伊東潤著。後北条家に仕えて戦った大藤家を描いた歴史小説。謀略戦主体だったせいか、なんだかコンゲーム小説みたいだったな。にほんブログ村

閲覧ランキング(上位25)