13連騰はならず (東京市場 大引け)

13連騰はならず (東京市場 大引け)

山崎ロイヤルブレッドの半額に釣られてしまって後悔してます>< (10月26日の食事&晩酌)

山崎ロイヤルブレッドの半額に釣られてしまって後悔してます>< (10月26日の食事&晩酌)

先進国企業だって新興国に搾取されます

先進国企業だって新興国に搾取されます

節約のすすめ9 --アマゾンプライムについて。ちょっと前のセールでルンバを再購入しました。アマゾンプライムの価値を思い知りました。

節約のすすめ9 --アマゾンプライムについて。ちょっと前のセールでルンバを再購入しました。アマゾンプライムの価値を思い知りました。

IPO初値予想「ウェーブロックホールディングス」厳しいかな?

IPO初値予想「ウェーブロックホールディングス」厳しいかな?

イオンモールからやっと株主優待到着

イオンモールからやっと株主優待到着

本日、日本証券アナリスト協会主催のセミナーに参加

本日、日本証券アナリスト協会主催のセミナーに参加

日付キーワードお気に入り株式優待IPO海外投資

読書の記録に関連した株情報

  • 城をひとつ

    城をひとつ

     伊東潤著。後北条家に仕えて戦った大藤家を描いた歴史小説。謀略戦主体だったせいか、なんだかコンゲーム小説みたいだったな。にほんブログ村

  • 鮪立の海

    鮪立の海

     熊谷達也著。「仙河海」サーガの最新作。特にこれということはないんですけど、ながれで読みました。にほんブログ村

  • 決戦! 忠臣蔵

    決戦! 忠臣蔵

     忠臣蔵をテーマにした歴史小説アンソロジー。この「決戦!」シリーズは、正直言って、ハズレが多い。しかし、作家さんのラインナップがすごいので、もしかしたら面白いものが読めるかも?と、つい期待し...

  • 御徒の女

    御徒の女

     中島要著。時代は江戸後期から幕末にかけて、幕府の御家人の家に生まれた女性の生涯を描いた時代小説。さすが中島さんと言うべきか、とても巧みに描かれているんですけど、主人公の周囲に現れる登場人物...

  • 遠縁の女

    遠縁の女

     青山文平著。中編時代小説集。3作品が収録されているんですけど、正直言って、どの作品にもピンと来ず。ぶっちゃけ、わけがわからなかった、と言ってもいいくらい。青山さんの作品は結構高く評価してお...

  • 素敵な日本人

    素敵な日本人

     東野圭吾著。短編小説集。ミステリー中心ですけど、SFのショートショートもあります。東野さんの作品ですから、当然粒ぞろいなんですけど、このタイトルの意味はよくわからなかったな。どこが「素敵な...

  • 果鋭

    果鋭

     黒川博行著。実に面白い&巧みさに舌を巻きます。こういう大阪のアンダーグラウンドな世界を舞台にしたピカレスクものを書かせたら、黒川さんが今は第一人者ですね。ディティールをきっちりと調べたこと...

  • 赤備えの鬼武者 井伊直政

    赤備えの鬼武者 井伊直政

     近衛龍春著。つまらなかったな。タイトル通り、井伊直政を描いた歴史小説なんですけど、小説、と言うより、吉川弘文館の評伝みたい。この場合は完全に悪い意味で、です。こんな以前にどこかで読んだこと...

  • 犬の報酬

    犬の報酬

     堂場瞬一著。不祥事を起こして、それを隠蔽しようとする企業VSそれを明るみに出そうとする新聞記者という、ぶっちゃけ、よくあるパターンの小説。自動運転と言うテーマが目新しいけど、それ以外は・・...

  • 出会いなおし

    出会いなおし

     森絵都著。短編小説集。うーん・・・・・・。正直言って、これは期待外れ。もっとノーマル、というか、オーソドックな作品だとばっかり(勝手に)思っていたんですけど、SFテイスト?ホラーも少し入っ...

  • クロカネの道

    クロカネの道

     江上剛著。幕末に伊藤博文らと一緒にロンドンへ留学し、その後日本の鉄道の父となった井上勝を描いた歴史小説。ぶっちゃけ、小説としては全然つまらない作品でした。しかし、「人間の器械」になろうとす...

  • 茜の茶碗

    茜の茶碗

     上田秀人著。藩命を果たすために盗賊の用心棒に身を落とした主人公を描いた時代小説。読後感は痛快の一言。いやはや、実に気分良く読み終えることができました。すまじきものは宮仕えとは言いますけど、...

  • 北斎まんだら

    北斎まんだら

     梶めい子著。葛飾北斎を描いた歴史小説。ぶっちゃけ、期待外れ。と言うか、期待した私が阿呆。最近、絵師をテーマにした作品が急増していて、新鮮味が全くなくなっているのに、梶さんなら、と思っても、...

  • シャープの中からの風景

    シャープの中からの風景

     元シャープ社員A著。副題に「シャープ社員がブログに綴った3年間」とある通り、あるシャープの元社員さんが、2013年1月から2016年8月までの間に、書かれたブログの記事を書籍化したもの。な...

  • 敵の名は、宮本武蔵

    敵の名は、宮本武蔵

     木下昌輝著。タイトル通り、宮本武蔵を戦った相手の側から描いた連作短編小説集。途中までは感嘆の一言だったんだけどなあ・・・・・・。着眼点も描き方も見事の一言で。しかし、武蔵の父親の無二の設定...

閲覧ランキング(上位25)