トレードステーション公式ガイド出版発表会に参加!

トレードステーション公式ガイド出版発表会に参加!

9728 : 日本管財〜中間報告書と株主優待カタログが到着〜

9728 : 日本管財〜中間報告書と株主優待カタログが到着〜

インデックス運用のリターンは「市場平均」という誤解について

インデックス運用のリターンは「市場平均」という誤解について

【IPO初値結果】マクロミル、フルテック、インターネットインフィニティ、力の源ホールディングス

【IPO初値結果】マクロミル、フルテック、インターネットインフィニティ、力の源ホールディングス

9日、その日は・・・。

9日、その日は・・・。

アセンテックIPOまた落選!1000万円程度では皆無なのだろう

アセンテックIPOまた落選!1000万円程度では皆無なのだろう

TOB カルソニックカンセイ

TOB カルソニックカンセイ

日付キーワードお気に入り株式優待IPO海外投資

読書の記録に関連した株情報

  • 茜の茶碗

    茜の茶碗

     上田秀人著。藩命を果たすために盗賊の用心棒に身を落とした主人公を描いた時代小説。読後感は痛快の一言。いやはや、実に気分良く読み終えることができました。すまじきものは宮仕えとは言いますけど、...

  • 北斎まんだら

    北斎まんだら

     梶めい子著。葛飾北斎を描いた歴史小説。ぶっちゃけ、期待外れ。と言うか、期待した私が阿呆。最近、絵師をテーマにした作品が急増していて、新鮮味が全くなくなっているのに、梶さんなら、と思っても、...

  • シャープの中からの風景

    シャープの中からの風景

     元シャープ社員A著。副題に「シャープ社員がブログに綴った3年間」とある通り、あるシャープの元社員さんが、2013年1月から2016年8月までの間に、書かれたブログの記事を書籍化したもの。な...

  • 敵の名は、宮本武蔵

    敵の名は、宮本武蔵

     木下昌輝著。タイトル通り、宮本武蔵を戦った相手の側から描いた連作短編小説集。途中までは感嘆の一言だったんだけどなあ・・・・・・。着眼点も描き方も見事の一言で。しかし、武蔵の父親の無二の設定...

  • 燕雀の夢

    燕雀の夢

     天野純希著。6人の著名な戦国武将の父親を描いた連作短編小説集。父親に焦点を当てるというのは、なるほど、良い目の付け所だったなあ・・・・・・。面白い作品ばかりでした。にほんブログ村

  • 月のぶどう

    月のぶどう

     寺地はるな著。大阪のワイナリーを舞台にした長編小説。(私が勝手に)期待していたものとは、ちょっと趣が違っていて、ワインを造っている若者の生き方が完全にメインで、ワインは小説の中であまり意味...

  • 戦始末

    戦始末

     矢野隆著。戦国ものの連作歴史短編小説集。殿戦にテーマを絞って描くという試みは、今まであるようでなかった気がします。おお、なるほど、と思いました。中では、小牧長久手の戦いの堀秀政を描いた作品...

  • 星をつける女

    星をつける女

     原宏一著。原さんお得意のお料理ものの連作短編小説集。食品偽装にキックバック、ブラック企業、同族経営、まあ、典型的な飲食業界の暗部を描き出しています。ヒロインをスーパーレディにしすぎですけど...

  • 墨龍賦

    墨龍賦

    葉室麟著。海北友松を描いた歴史小説。ぶっちゃけ、期待外れ。もっと絵師海北友松に迫るものを期待していたんですけど、美濃譲状だとか、脱線しているとしか、私には思えない内容で、どうしてああいう作品が描かれた...

  • 慶応三年の水練侍

    慶応三年の水練侍

    木村忠啓著。スポーツ時代劇小説。朝日時代小説大賞受賞作ということでしたので、一定のレベルにはあるんだろうけど、スポーツ時代劇に意欲という著者紹介を読んで、それは一体なんなんだ?いかにも気をてらっている...

  • 銀の猫

    銀の猫

    朝井まかて著。江戸時代の老人介護を描いた時代小説。巧みだなあ・・・・・・。描き方やストーリーが巧みなのは、浅井さんだからもう当然だとして、このテーマ選びが秀逸過ぎる。江戸時代の老人介護なんてこと、まっ...

  • 我が名は、カモン

    我が名は、カモン

    犬童一心著。劇団、というか、芸能プロのベテランマネージャー(元役者)を主人公にして、舞台製作を描いた小説。面白かったです。お芝居に賭ける熱みたいなものもしっかり伝わってきました。全然本筋ではないですが...

  • 回天の剣

    回天の剣

    天野純希著。下巻を読了。堪能できました。面白かったです。関ケ原の戦いの際の三成の描き方が実にかっこよかった。上下巻を通じて、ここまで色々な謀略がおこなわれていたとするのは、ちょっとどうかなあ?と思うと...

  • 衝天の剣

    衝天の剣

    天野純希著。「島津義弘伝」と副題にある通り、島津義弘を描いた歴史小説。正直言って、読み始める前は、また島津四兄弟の話ですか、もう飽きてきたなあ・・・・・・と思っていたんですが、読み始めてみたら、これが...

  • 花を呑む

    花を呑む

    あさのあつこ著。「弥勒」シリーズの最新第7作。前作を読んだ時にも感じたんですが、このシリーズの作品はもうすごすぎます。読み進めるのがもったいなくて、却って読むのに時間がかかってしまいました。登場人物た...

閲覧ランキング(上位25)