すっごいぞ 2016.11.14

すっごいぞ 2016.11.14

公募割れ 爆騰銘柄

公募割れ 爆騰銘柄

iDeCoいよいよ運用開始

iDeCoいよいよ運用開始

【12/12】急失速…!

【12/12】急失速…!

三井住友・DC日本株式インデックスファンドSとiFree TOPIXインデックスのどちらを選べばいいのか

三井住友・DC日本株式インデックスファンドSとiFree TOPIXインデックスのどちらを選べばいいのか

【利回り6%弱の年2回カタログ優待・・・3月は商品も(*^-^*)】

【利回り6%弱の年2回カタログ優待・・・3月は商品も(*^-^*)】

ベスト電器から配当金&株主優待が届きました。

ベスト電器から配当金&株主優待が届きました。

日付キーワードお気に入り株式優待IPO海外投資

読書の記録に関連した株情報

  • 銀の猫

    銀の猫

    朝井まかて著。江戸時代の老人介護を描いた時代小説。巧みだなあ・・・・・・。描き方やストーリーが巧みなのは、浅井さんだからもう当然だとして、このテーマ選びが秀逸過ぎる。江戸時代の老人介護なんてこと、まっ...

  • 我が名は、カモン

    我が名は、カモン

    犬童一心著。劇団、というか、芸能プロのベテランマネージャー(元役者)を主人公にして、舞台製作を描いた小説。面白かったです。お芝居に賭ける熱みたいなものもしっかり伝わってきました。全然本筋ではないですが...

  • 回天の剣

    回天の剣

    天野純希著。下巻を読了。堪能できました。面白かったです。関ケ原の戦いの際の三成の描き方が実にかっこよかった。上下巻を通じて、ここまで色々な謀略がおこなわれていたとするのは、ちょっとどうかなあ?と思うと...

  • 衝天の剣

    衝天の剣

    天野純希著。「島津義弘伝」と副題にある通り、島津義弘を描いた歴史小説。正直言って、読み始める前は、また島津四兄弟の話ですか、もう飽きてきたなあ・・・・・・と思っていたんですが、読み始めてみたら、これが...

  • 花を呑む

    花を呑む

    あさのあつこ著。「弥勒」シリーズの最新第7作。前作を読んだ時にも感じたんですが、このシリーズの作品はもうすごすぎます。読み進めるのがもったいなくて、却って読むのに時間がかかってしまいました。登場人物た...

  • バブルと生きた男

    バブルと生きた男

    植村修一著。タイトルはキャッチ―な、ちょっと誤解を招きかねないものなんですけど、副題に「ある日銀マンの記録」とある通り、内容は非常にまじめな考察&回顧録です。エピソードみたいなところはともかく、ぶっち...

  • 大雪物語

    大雪物語

    藤田宣永著。めったにない大雪に閉ざされてしまったという設定で、軽井沢町をモデルにした架空の町を舞台にした連作短編小説集。考えてみたけど、こういう設定の小説を読んだのは初めてのような気がする。TVドラマ...

  • うき世櫛

    うき世櫛

    中島要著。芸者あがりの女髪結いに弟子入りした娘を主人公にした連作短編時代小説集。こういう人情話は好きなんですけど、本作品はちょっと微妙かなあ・・・・・・。設定はとても巧みだと思うんですが、なんだか物足...

  • Good old boys

    Good old boys

    本多孝好著。超弱い少年サッカーチームに子供を入れているパパさんたちを描いた連作短編小説集。正直言って、結婚はしてないし、当然子供はいないし、そもそも人の気持ちがあまりよくわからない、私みたいな人間が、...

  • 愛知県民は米国株投資がお好き? (「日本の億万投資家名鑑」を読んで)

    愛知県民は米国株投資がお好き? (「日本の億万投資家名鑑」を読んで)

    ボリュームがUPしただけあって、内容も充実、というか、えらく濃いものだったなあ・・・・・・。私は日本株を取引していた時でも、バリュー株や優待株は殆ど触っていなかった(関心がなかった)ので、出てくる銘柄...

  • 蝮の孫

    蝮の孫

    天野純希著。斎藤龍興は愚将ではなかったというストーリー、楽しめました。斎藤龍興程度の人物であれば、歴史解釈で遊んじゃってもいいと思います。言い方はアレですが、もっと重要な人物であれば、私的にはちょっと...

  • 時が見下ろす町

    時が見下ろす町

    長岡弘樹著。連作短編ミステリー小説集。本作品は医療や身体に関するような事柄をキーにされていました。ちょっと強引かな?と思えるような作品もありましたけど、この人の短編は大概いいですよね。もっとたくさん作...

  • 走狗

    走狗

    伊東潤著。川路利良を描いた長編歴史小説。川路利良という題材が渋くて、そこは(≧∇≦)ъ ナイス! フーシェを出してきたところも、すごい大昔に、辻邦生著の「フーシェ革命暦」という本を...

  • 喧嘩(すてごろ)

    喧嘩(すてごろ)

    黒川博行著。建設コンサルタントの二宮とイケイケヤクザの桑原のコンビを描くシリーズ最新作。このシリーズは本当にハズレがない。本作もすごく面白かった。しかし、ヤクザも斜陽産業かあ・・・・・・。現実世界的に...

  • 裏関ヶ原

    裏関ヶ原

    吉川永青著。関ケ原から離れたところにおいて、同じように天下分け目の合戦を戦った武将たちを描いた、短編歴史小説連作集。食傷気味のテーマですが、こうやって料理されると、面白く読めますねえ・・・・・・。どの...

閲覧ランキング(上位25)